会長挨拶

吉井 昭一

立教大学バスケットボール部 OB倶楽部 会長

会長挨拶

平素より立教大学バスケットボール部の活動にご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

当部は1921年創部の本学最古の運動部の一つとして、本学運動部最多となる全日本総合選手権(オールジャパン)優勝7回、全日本学生選手権大会(インカレ)優勝6回の輝かしい戦績をはじめ、日本代表監督・選手、協会会長職を輩出するバスケットボール界屈指の伝統校です。

私たちは2021年に創部100周年を迎えるにあたり、部の伝統を継承し次の新たな100年へ未来を切り拓いていく原点、普遍的な考え方として、立教大学バスケットボール部チーム基本理念を策定しました。

学生バスケットボールの先駆けとしての誇りと責任を胸に。
主体性を育み、チームの勝利に貢献し、成長し続ける集団となる。

という理念です。

学生のみなさんは大学卒業後、社会へ巣立つことになります。
当部では立教大学のグローバル・マインド、新しいリーダーシップのあり方などを学び、文武両立を図ることが前提となります。

私たちOB倶楽部は、部員一人ひとりが自らの可能性をひろげ、将来社会で活躍できる人材となれるよう、チームスタッフと連帯しサポートをしています。
当部での4年間の活動を通じて、学生のみなさんが主体性を発揮し社会に貢献できる人材へ成長する、その確かな土台を4年間で培える集団となることを期待しています。

写真協力:BOJ 岩本雅子

PAGE TOP